クレーターとなるニキビ跡は整形で改善できる【理想の外見をゲット】

目を閉じる女性

ニキビは治ってからも大変

女の人

深刻な肌トラブルの1つ

お肌に関するトラブルの中でも特に深刻なものの1つと言われているのが、ニキビ跡です。ニキビ跡とはその名の通りニキビが治った後に何らかの痕跡がお肌の上に残ってしまうことをいいます。比較的軽度なものだとシミ程度で済みますが、重度の場合は跡が陥没してしまうことがあります。これを一般にクレーターと呼んでいます。クレーターはニキビの原因である細菌が皮膚に炎症を引き起こすことで生まれます。炎症の程度がひどいと正常なターンオーバーが阻害され、通常のスキンケアではなかなか修復できません。しかし美容皮膚科などのクリニックで本格的な治療を受ければ、根本的な改善が期待できます。美容クリニックではレーザー治療などさまざまな手段で肌トラブルの解決を図っています。

最新技術で根本解決

ニキビ跡がクレーターになるのは炎症による皮膚の損傷が激しく、瘢痕が残ってしまうケースです。ダメージが肌の真皮層にまで達すると、ニキビ跡が瘢痕組織として固まってしまいます。これを修復するには、ダメージを受けた部分をいったん取り除く必要があります。クレーター治療として美容クリニックにおいてしばしば行われるのが、ケミカルピーリングとレーザー治療です。前者は薬剤に含まれる酸によって、後者はレーザーの持つ熱エネルギーによってダメージを受けた細胞を取り去り、フレッシュで無傷な細胞への交替を促します。レーザーにはクレーターの縁の部分を削って表面をなだらかにする効果もあります。レーザー機器の性能は日進月歩で、最新式のものは肌のより深い部分まで届くようになっています。今後もレーザー治療に関する技術革新は続くものと考えられています。