クレーターとなるニキビ跡は整形で改善できる【理想の外見をゲット】

目を閉じる女性

進化するレーザー治療

美容整形

レーザー治療で確実に治療

クレーター状になったニキビ跡は、セルフケアだけでは効果が出づらいことがあります。とはいえ、エステによるスキンケアでは改善までに長い期間を要します。そこで、レーザーによる治療が効果的です。クレーター状のニキビ跡は、肌へのダメージが真皮まで及んだことによって生じます。それゆえ、皮膚の再生が正常に行われなくなって凹凸が残った状態のことをさします。このようなニキビ跡は、自然治癒することはありません。しかし、特殊なレーザーを照射すれば、肌の再生機能を高めて滑らかな状態に導くことができます。レーザーによる治療は、主に美容外科で用いられています。クレーター状のニキビ跡でも短い治療期間で効果を得られるため、今後においては利用者の増加が考えられます。

シワやたるみも解消可能

レーザーによるニキビ跡の治療が人気の理由は、リフトアップ効果も期待できるからです。レーザー治療は、肌の真皮に働きかけて再生機能を促す以外にも、コラーゲンの生成を助ける作用があります。そのため、クレーター状のニキビ跡の改善はもちろん、シワやたるみのない、引き締まった若々しい肌に導きます。そのほかの理由としては、何度でも繰り返し治療できる点があげられます。肌に与えるダメージを最小限に抑えているゆえ、新たなニキビ跡が気になったら何度でも繰り返してケアすることができます。当然、痛みはありません。そのうえ、1回手術時間は5分程度です。さらに、ダウンタイムは1週間程度で済むので、通常の生活を送りながら美しい肌を手に入れられます。